仮定 法。 英語の仮定法の使い方|必須の3パターンを8分で解説します

このように、 仮定法過去完了では「助動詞+have+過去分詞」という動詞(V)の助動詞を過去形にすることで、「事実に反する」ということを表現している。 そこで出てくる分からない箇所を重点的に繰り返す、自信のない場合はもう一度基礎に戻る、という反復が必要です。 」 as if+仮定法過去完了 as if+仮定法過去完了は、 as ifの後ろにくる文の時制が 主節の時制より一つ古い場合に用います。

2

もし彼らがお金持ちだったら、パリに住むだろう。

Ex If it had been sunny last Wednesday, I could have played baseball with you. 上の英文では、実際にはバスに乗らなかったから、今は学校にいないことが分かります。

訳 うまく野球ができればいいのに。

1

「もし病気でなかったら、 彼はサッカーができただろうに。 He must have thought I was so shy. 「あなたがそこへ行きさえすればいいのに。

13

緑枠の目次より読みたい箇所へお進みください。 ) つまり、 習慣(~するものだ)を表す will と能力(~できる)を表す can は、助動詞としてはむしろ特殊なもので、だからこそ例外的に、助動詞そのものを過去形にすることで「過去のこと」を表せているのだ。 もしあなたが私が人生で経験したことを知っていたら、驚くかもしれない。

6

(やめときなって。 37 は現在の事実(お気に入りのインストラクターがいるので、ゴールを達成できる)に反する仮定を述べている。

advise 忠告する ask 頼む command 命ずる decide 決定する demand 要求する desire 願う insist 要求する intend つもりである move 申請する order 命令する prefer …だとよいと思う propose 提案する recommend 勧める request 要請する require 要求する suggest 提案する 仮定法現在の文で動詞の原形を選ぶ問題はTOEIC文法パートにも頻出する。 なんでこんなに煩わしいの? こんな疑問がわきました。 What will you do if you should fail this project. 「もし彼の助けがなかったら、 私はそれをできなかっただろう。

18