湯河原 放火 事 殺人 事件。 湯河原放火殺人から3年 「情報を」我慢の捜査

事件現場近くに住む60代の女性は、そう声を震わせた。

11

初めはずっと否認していましたが、刑事が入れ替わり立ち替わり私の前に座って私をドンドン追い詰めてきた。 火災発生の約12時間後に放火、殺人の容疑で逮捕されたのは、同店にいた客である東大阪市在住の小川和弘(逮捕時46)である。

1

警察の取り調べに対しても容疑を認め逮捕された。 司法解剖などの結果、平井さんの死亡推定時刻は出火前の午前5時ごろと断定。

17

静かな町で突如、発生した凶悪事件。 それに、もともとお母さん(小川の実母)と奥さんの折り合いが悪く、大声で怒鳴り合う声もしょっちゅう聞こえていたので、家庭内は大変だったと思います。 主な著書に『新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相』(文春文庫)、『全告白 後妻業の女: 「近畿連続青酸死事件」筧千佐子が語ったこと』(小学館)、『人殺しの論理 凶悪殺人犯へのインタビュー』 幻冬舎新書 、『連続殺人犯』(文春文庫)ほか. それから、もう一つ、気になるのが、手袋をしていない点ですね。

8

鍵となるのは逃走した人物の足取りだ。 〈B検事(*本文は実名)の取調べでは放火も失火も死刑やみたいな言い方をしていました。 ライン工として働いていた。

現時点で女性の身元は明らかになっていませんが、この住宅には平井美江さん(67)が1人で暮らしていたとのこと。

1

情報が不足してますが、凶器を複数用意していた可能性もありますね。 男性は自宅に戻って110番通報したとの事。

12

身長約170センチでやせ形などの特徴も記載した。 *死因 司法解剖の結果、死因は頭蓋骨骨折などに伴う脳挫滅。 俺と一緒に死ぬ人ごめんと思って火をつけた」との文言が記されている。

16