シューマン ピアノ 協奏曲。 ピアノ協奏曲 Op.54 イ短調/Konzert für Klavier und Orchester a

かえって、耳を澄まそうという気にさせてくれる。 フィナーレ Finale : Allegro vivace 、で、ロベルトの妻の独奏、献呈者指揮で初演された。 しかし、リヒテル自身が安定感に少し欠けることがあり、録音の時にベストの演奏が出来ていないことがありました。

5

そんな極限状態での天才の演奏が如何なるものであったかを思い知らされる録音です。 一方サポートのムーティもなかなか良い。 終盤ではピアノが情熱的に歌い、だんだんと静かに終わりを迎えます。

8

具体的には、「ヴィルトゥオーゾのための協奏曲は書きたくない」と、純粋な愛や敬意をもって、即物的な音楽 とシューマンが思っていたかは知らないが であろう、技巧的にひけらかす協奏曲とは対極に位置するような協奏曲を書こうとした。

1

備考 [ ]• 楽器編成 [ ] 独奏ピアノ、2、2、2、2、2、2、一対、弦5部 演奏時間 [ ] 約30分(各15分、5分、10分) 曲の構成 [ ] より(以上全3楽章分全て) これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。 ライブ盤が存在しなければ更に価値の高かった録音だと思います。

17

唯一完成されたピアノ協奏曲。 ラフマニノフ自身も優れたピアニストであり、ピアノ曲については特に高く評価されて来ました。

シューマンがこの最終楽章で多用しているものです。 ピアノは決してヴィルトゥオーソ的ではなく、誠実な演奏と言えるだろう。

3

ほれぼれしてしまう。

19

ピアノソロ、オーケストラ共に伸びやかに美しく演奏している。 かといって、スピードをあげて演奏されており、モタモタしていないところもあり、なかなか芸達者。 力強さと透明感を併せ持ったツィマーマンのピアノが非常に良い。

16