今年 の 梅雨入り 2020。 梅雨入り、気象庁が発表。関東甲信、東海、北陸、東北南部

九州 6月下旬〜 7月中旬 平年並か多い 北部の梅雨入りは平年より遅く、南部では平年よりかなり遅くなる予想です。

梅雨入りの予想時期より早めに備え、 ギリギリで予定が狂うなんてことに ならないように気をつけましょうね!. このため、沖縄や奄美では6月前半を中心に暖かく湿った空気が流れ込みやすく、前線の活動が活発化する日があり、5月末から6月中旬にかけて大雨や豪雨に警戒が必要だ。

2

この時期は天気は良いのですが、 強い南風が吹き、海が荒れやすくなっています。 2021年 令和3年 の関東の梅雨明け時期を予想! 一方、関東の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に過去のデータをみてみますと、 最も早い梅雨明けは昨年2018年の6月29日頃で、 最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日頃でした。 梅雨入り:6月8日頃• そのため、沖縄と東北では、およそ1ヶ月も 梅雨時期に差が生まれています。

17

ここに掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。

また、昨年 2019年 は7月25日 一昨年 2018年 は7月9日が梅雨入りでしたので これらをもとに予想をしてみると 2021年の九州北部の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月26日頃の間くらいになりそうです。 6月は、梅雨前線が本州の南海上に停滞するため、上旬は天気が周期変化し、中旬から曇りや雨の日が多くなります。

15

今年は7月になると太平洋高気圧が北への張り出しを強め、梅雨前線は順調に北上。 6月下旬から7月中旬にかけては豪雨や大雨の恐れがあり、河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに警戒が必要です。

14

6月は、梅雨前線が本州の南海上に停滞するため、前半は天気が周期変化し、後半に曇りや雨の日が多くなります。 7月にかけてフィリピンの東海上で対流活動が活発になり、太平洋高気圧が本州付近への張り出しを強めるため、太平洋高気圧に押し上げられて梅雨前線が北上します(図3)。 2021年の九州北部の梅雨明け時期は? 一方、2021年の九州北部の梅雨明けの時期ですが、 梅雨入りと同様に気象庁のデータをもとに考えてみると、 最も早い梅雨明けは1991年の7月1日頃で、 最も遅い梅雨明けは2009年の8月4日頃でした。

このため、梅雨期間の降水量は、沖縄・奄美や西日本、東海、関東甲信で平年並か多く、北陸や東北では平年並となる予想です。 北陸や東北でも中旬にかけて曇りや雨の日が多く、梅雨末期の大雨に注意が必要です。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。

12

6月下旬から7月中旬にかけては豪雨や大雨の恐れがあり、河川の増水、家屋への浸水、土砂災害などに警戒が必要です。 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、2020年の「梅雨入り・梅雨明け見解」を発表しました。 梅雨明けは沖縄・奄美ではだいたい平年並でしょう。

8