コロナ カウンター。 “こんな飲み会は危ない” 新型コロナで国立感染症研究所が事例を検証(STVニュース北海道)

・飛沫感染・接触感染を防止するために十分な間隔をとることが重要であることをお客様に理解してもらい、店内が混み合う場合は入店を制限する。 また、ビニールの大きさや設置場所などによっては「消防法により防炎性能を有するビニールカーテンを使用する必要があります」とし、必要に応じて消防署に相談するよう呼びかけている。 誰も経験したことのないようなコロナ後の店舗作りには「こうすれば必ず良い」というものはないのかもしれません。

7

ピックアップカテゴリー• ただし、あまりないとは思いますが、コンビニでも揚げ物用のフライヤーのすぐそばに置くとか、小規模飲食店で厨房の火元のそばにレジがあって、そこにビニールカーテンをかけるとかいった場合は、防炎性能が必要になってくるでしょう。 例えば「 テーブル・カウンターの座席間に仕切り(パーテーション)を設ける」「 会計処理の際、レジに仕切り(パーテーション)を設ける」などです。 150,000以内• 30,000以内• ・コイントレイ(キャッシュトレイ)は定期的に消毒、会計の都度手指を消毒するなど工夫する。

11

ピックアップカテゴリー• カウンター越しに注文を受けたり、お客様に料理を提供したりするので透明度の高いビニールカーテンがオススメです。

スタンド型のアクリルガードの場合、スタンド下部にスペースのあるタイプとスペースのないタイプがあります。 コロナ対策はもちろん、コロナ収束後を見据えた看板製作や販促アイテムもサインモールにお任せください!. まだ対応できていない点は、このアンケートをご参考に対策実施をご検討ください。

3

【以下、日本フードサービス協会のガイドライン一部抜粋】 ・店舗入口には、発熱や咳など異常が認められる場合は店内飲食をお断りさせていただく旨を掲示する。

クリア 透明 、半透明マット、黒マットの3色• 受付では従業員と来店客の間で会話が行われるので飛沫防止ガードを設置すると安心感が増します。 例えばお会計などは「 現金・クレジットカードの受け渡しはキャッシュトレイ(コイントレイ)で行う」「キャッシュレス(非接触型決済)を導入する」「メニューブックに触れないようメニューはボードに掲示する」などが有効です。

5

子どもが貸し出しカウンターの前で、少しでも前に並ぶ人との距離を狭めて寄ってしまえば、「密です!」と注意の声が飛ぶ。 飛沫防止アクリル板単品、アクリル板固定スタンド単品販売しております• 長い時間同じ席にとどまり話を聞くロケーションだからこそ、話をする人側に配慮が必要かと思います。 ただ、飛沫ガードと言ってもスーパーなどで目にするビニールシートだとせっかくの店舗のイメージが崩れてしまいます。