エホバ の 証人 ブログ。 エホバの証人ブログ(現役JW~)

更新はストップしていますが過去の記事を順に追って読まれることをお勧めします。 では、JWはどうかというと、少なからずのに共通する傾向がある。 同じ年だけど優しくて頼りがいのあるSちゃんはまるで姉のような存在で、私はよく甘えた。

2

布教性(弟子をつくろう!)(中略)証人たちはもともと、根が真面目に「絶対性」と「純粋性」を信じやすい素質を持っている。

12

この事件に関してエホバの証人 広報部はこのように語っています。 まとめ. 赤い縁の眼鏡(以下、赤眼鏡さんと呼ぶ)の女性は、とても人馴れした感じの挨拶をてきぱきとして、馴れ馴れしい感じでこのカフェのおススメのメニューを注文してくれた。 卑屈なブログは置いておくとして、ネオブログの特徴は家族(妻子)が未だエホバの証人に信仰を捧げている事です。

1

宗教の本質は、宗教家(開祖)による世界観という壮大な作品を信者が共に味わう事で、その作品にケチをつけても独自の世界観な訳ですから 真偽は誰にも決めることはできません。 日本語の参考になる文献は非常に少ないと思いますが、以下のものは参考になるかと思います。

7

性的な喜びを得られるのは結婚した男女のみの特権というのです。 選民生(私たちの教団・商品は選ばれている!) (中略)程度を軽くすればマーケティングにおけるブランディング方法もこの法則にのっとっている。 独自の観点で率直な意見を語るブログ。

7

中世思想原典集成 — 上智大学中世思想研究所 平凡社 2 盛期ギリシア教父 4 初期ラテン教父 上記は珍しくアリウス派の文献が日本語訳されています。 「大群衆」や「この世代」について協会の記事について、論理的な疑問点を指摘している記事もあります。

5

奉仕の自粛がいつまで続くかわからないが、一時的に開拓奉仕を中断する人もいるかもしれない。

お父さんは転勤のある会社ではなかったはずだし、弟たちはまだ高校生だ。

信教の自由が憲法によって保障されている日本では、個人の趣味で選べる醍醐味を味わない手はありません。