わかめ の 茎。 茎わかめの保存方法と日持ち期間!冷凍保存でしっかり長持ち

ヨウ素の過剰摂取は甲状腺腫や甲状腺機能低下症などにかかってしまう危険性!• 茎わかめ食べ過ぎのデメリット!1日の適量は? 美味しくて気が付くとペロリと食べてしまう茎わかめ。

さて、これら茎わかめは、どのように加工・販売されているのでしょうか? 『栄養と料理』2014年6月号によれば「中茎」は葉とともに湯通し塩蔵(いわゆる塩漬け)された後、カットされ売られています。 茎わかめとは、わかめの中央を走る中肋(ちゅうろく)部分である 「中茎(なかくき)」と、めかぶから葉の付け根まで伸びる 「元茎(もとくき)」のことを指します。 塩漬けで長期保存 スーパーやネット通販などで、塩蔵わかめ、塩蔵茎わかめという商品を見たことがある方もいると思います。

また、海藻に多い 水溶性食物繊維は、腸内環境を整えるうえに硬い便を柔らかくして、スムーズな排便を促がしてくれます。 ミヨックク(韓国式わかめスープ) 日本では9月に有限会社コタニ海藻店が保存性生わかめ製造法の特許を取得。

5mgをオーバーしていますね。 カルシウム…小魚に負けないほどのカルシウム量!成長期のお子さんにピッタリ!• 茎わかめと葉わかめの塩蔵品同士を比較した場合、 茎わかめ100gあたりのカルシウム量は86mgで、葉わかめの約2倍量を含んでいると報告されています。

20

メカブは湯通ししてからそのまま食べるか、乾燥させてから細かく切って流通されることが多い。 カロリーが低いしビタミンなども豊富なので、食べ過ぎに気を付けて茎わかめを楽しみたいですね! まとめ• 塩蔵にすると塩抜きが必要になります。

3

生の状態で冷凍保存し、解凍したらべちゃべちゃで全て廃棄するはめになったのです。 アルギン酸には高血圧や動脈硬化の予防効果があります。

14

塩蔵茎わかめにすることで、 冷蔵で半年、冷凍で1年保存することができます。 身近なものでいうと「ヨードチンキ」。 undarioides どちらの種もワカメのように葉状部が大きく裂けることはない。

15