ろくでなし ブルース。 『ろくでなしBLUES』嫌われヒロイン・千秋 作者が「千秋を嫌う驚きの理由」を暴露され赤面 (2019年2月22日)

まんが暮らし(2008年、集英社)• デビュー25周年記念トークライブ(2018年8月19日、週プレ酒場) 関連項目 [ ]• もともと不良でしたが、空手と出会って更生した真面目な学生です。 北斗の拳の作者である原哲夫先生のアシスタントを行ったのちに、ろくでなしBLUESを連載した。 またサブタイトルのネーミングやストーリーの演出にはローリング・ストーンズ、THE BLUE HEARTSの影響が見受けられ、THE BLUE HEARTS公認でメンバーをモチーフとしたキャラクターも4人登場しており、ボーカルである甲本ヒロトとの対談も誌面で行われた。

9

作品スタート当時、22歳ごろの森田氏は「女性経験がなかった」ため、童貞が考える理想のヒロイン像が千秋だった。 ただし森田は、「4年間で必ず売れる!」と不退転の覚悟で上京しており、実家に戻る気は無かったという。

2

CV:堀秀行(アニメ1992年版)、平田広明(アニメ1993年版)/演:前田憲作(映画1996年版、1998年版)、青柳翔(ドラマ版) 本作の主人公で、帝拳高校の生徒。

とにかく身体能力も高く、何でもできて強いキャラクターです。 なお、校舎や野球部の部室も、栗東中学のそれがモデルである。

3

(審査員の一人として参加していた)• 大阪府出身で実家は尚輪寺という寺。

とはいえ本人にやる気がなくても「番長」は「番長」で、太尊を倒して不良としての名を上げようという強者たちが太尊に、帝拳高校に喧嘩を仕掛けてくる。

5

個人的にこのシーンで最終回を迎えずに、ヒロトやマーシーの学園生活が見たかったのだが、前田太尊の今後を描くには、ただのボクシング漫画になる為だったに違いない。

7