伊井野 ミコ。 伊井野ミコ (いいのみこ)とは【ピクシブ百科事典】

とても頑張ってる。

もうお互い好き同士でしょ~と思いますが、石上は文化祭の時の応援団の副団長、子安つばめに恋心を抱くようになります。 言葉でいくら強がっていても石上は失恋したばかりである。 先輩にデレデレする石上を見て、ミコはモヤモヤとしたものを感じ、あてつけのようにつばめ先輩に難しいカクテルを要求。

5

(普段は主に食料に反応している。 水をこぼしてズボンをフキフキしてくれるわけですよ。

7

でも 石上と 伊井野が今後どうなれば丸く収まってくっつくのか全然見当がつきません。

19

(つうか二人とも結構な全身打撲ですわこれ) つらそうな表情の伊井野が 無事なほうの左手で、 泣いてる石上の髪を撫でてるシーンが胸を打ちます。 選挙公約に恋愛禁止を掲げていたことから、ミコは恋愛に対して厳しく取り締まっている印象を受けますが、 実は自分のガードには甘い部分が……。

7

優しくされればチョロインになるミコちんは薄い本において、料理の食材としても最適であったか。 かぐやが白銀のために丹精込めて作ったチャーハンを…… (C)赤坂アカ 「よく判らないのでとりあえずお代わりください」とのたまい…… 白銀の分も食い切って、 (C)赤坂アカ 「なんていうか……これじゃないなーと思いました」と言い切る面の皮の厚さ。

2