ダイオウイカ。 こわっ!ダイオウイカの不気味な生態

2015年5月6日、の大津漁港内水面にて漁業関係者が全長1. 腕には吸盤の代わりに5㎝にもなる大きくて鋭い鉤爪を持ち、この鉤爪を器用に使い、獲物を捕まえたり、マッコウクジラのような天敵から身を守っています。 過去の捕鯨調査で行われた、胃内容物に含まれる嘴からの分析によれば、本種の生息域である南氷洋でのマッコウクジラの餌は個体数で14%、質量で77%ほどが本種を含むサメハダホウグキイカ科であることがわかります。 New Zealand Journal of Zoology 31 1. マッコウクジラの四角い頭の中には、脳油と呼ばれる脂が大量に含まれており、脳油のおかげで深度3,000mまで潜水できるのです。

3メートル、重さ約130キログラムだった。

3

2015年2月22日には、「浜常食品工業」がスルメに加工したダイオウイカの世界初の試食会が「新湊きっときと市場」で開かれた。 この巨大な眼の理由は、生息場所である水深1000m付近は暗闇の覆われており、より多くの光を集めるために巨大化したのではないかと推測していました しかし、研究チームが数学的モデルで解析した結果、獲物などの水中の物体を識別する能力は、水の化学的性質によって限定されることがわかりました。

15

簡単に説明すれば、真水がどんどん体の中に入ってきて細胞が壊れてしまうわけです。 生で感じられるアンモニア臭はスルメ加工で抜けたが、苦みは残った。 通常サイズのスルメの約100食分という。

20

ダイオウイカと同じ味?のカギイカ (提供:茸本朗) というのも、深海性のイカは、浮力調整のため体内に「塩化アンモニウム」を含んでいることが多く、このダイオウイカも筋肉中に塩化アンモニウムを大量に含んでいるといいます。 ならば小笠原諸島の沖合にはダイオウイカもたくさんいるのではないか? 予想は的中しました。

1

その際、から海水を勢いよく噴き出して強い推進力を得ることが映像によって確認され、「深海をゆっくり移動して生活している」とする従来の説が否定された。 「なんだこれは、すごい! と思いました」。 クラゲはダイオウイカに救われ、ダイオウイカはクラゲのおかげでエサにありつける。

7