六甲 おろし。 阪神タイガースの歌 ~六甲颪~

- 同名の曲が3曲存在し、初代の通称「野球の王者」と現在(3代目)の通称「闘魂こめて」は古関裕而が作曲を手がけた。 古関氏の戦後の活躍で特筆すべきはスポーツ音楽。

3

マスコミ災害とも言われました。

8

そして、どこのファンという前にプロ野球ファンなんです。

14

- 六甲山を南北に貫き新神戸と箕谷を結ぶ、上下各2車線の有料トンネル• (平成4年)には「 六甲おろし 阪神タイガースの歌」の表題でとして再発され、阪神ファンの間で正調とされてきたが 、(平成11年)に廃盤となった。

19

また複数の植物園が高度ごとに立地しており、特には山上の冷涼な気候をいかし高山植物や寒冷地の植物を栽培している。

5

試聴あり。 後に阪急系となるが(昭和4年)に六甲山初の本格として開業し、(昭和6年)に阪急系の()が先行開業した。 (平成12年)には指揮によるオーケストラ・バージョンが発売されている。