テキサス 州 寒波。 米テキサス州、寒波で大規模な停電(米国)

通常、雲は陸地より冷たいので、気象衛星のアルゴリズムは、そのことを前提に、夜間でも宇宙から雲に覆われた地域を特定できる。

20

また同州では、日量約400万バレルの製油能力にも影響が出ているほか、少なくとも日量100万バレルの石油生産が停止している。 北米の寒さが気象衛星GOES-Eastを混乱させた! 2月16日に北からやってきた寒気による冷たい地面を雲として描写したのを見てほしい。

15

大半が復旧したものの、19日夕時点で依然14万戸以上が停電している。

とても寒い! 実際、今日のスーフォールズは、過去最低の華氏マイナス26度(摂氏マイナス32度)を記録した。 しかし、リフィニティブのEikonの暫定データによると、寒波の影響で17日時点の生産量は日量19億立方フィートと、1週間前の日量約79億立方フィートから大幅に落ち込んでいる。 「この法外な料金はテキサス州が負担すべきであり、今回の事態を引き起こしたわけではない個々の消費者が負担すべきではない」と主張した。

4

20日午前時点で190郡の1430万人が何らかの影響を受けているという。

6

州の石油産業を監督するテキサス鉄道委員会のクラディック委員長は17日夜、知事からの要請を受けたことを確認し、精査していると述べた。

ヒューストンの北にあるリビングストンとコンロー湖にも湖水効果雪が降っている。 バイデン氏の大規模災害宣言によって、法外な電気料金の支払いを支援する資金を提供できるかもしれないと述べた。 現在のテキサス州の状況は、気候変動による北極の温暖化が一因となっている可能性があると、大気環境研究所(Atmospheric and Environmental Research)の予報ディレクター、ユダ・コーエン(Judah Cohen)は。

18