įŒĢ äŊŽ äŊ“渊。 įŒĢぎäŊŽäŊ“渊į—‡ã¯åąé™ēīŧįŒĢがãŋせるį—‡įŠļとåŋœæ€Ĩå‡ĻįŊŽã¨ã—ãĻぎ渊め斚

じãŖとしたぞぞ1分ãģãŠč¨ˆæ¸Ŧする ネã‚ŗãĄã‚ƒã‚“ã¯č‚›é–€ãŒå°ã•ã„ãŽã§ã€äŊ“æ¸Šč¨ˆã‚’ãŠå°ģぎįŠ´ãĢå…ĨれるときãĢåĢŒãŒã‚‹å ´åˆãŒã‚りぞす。

6

įŒĢがį†ąä¸­į—‡ãĢãĒる原因や、おぎようãĒį—‡įŠļがå‡ēるぎか、ぞたį†ąä¸­į—‡ãŽåŋœæ€Ĩå‡ĻįŊŽãĢついãĻごį´šäģ‹ã—ぞす。

18

或いはポã‚ĢãƒĒã‚šã‚¨ãƒƒãƒˆã‚’č–„ã‚ãĻ与えãĻもいいでしょうか。 原因ãĢもよる しかし、中īŊžéĢ˜åēĻãĢãĒるとå‘ŊãĢ é–ĸã‚ã‚‹åąé™ē性もéĢ˜ããĒりぞすぎで 集中æ˛ģį™‚がåŋ…čĻãĢãĒりぞす。 つぞり、įŒĢãŽč‚›é–€ãĢäŊ“æ¸Šč¨ˆã‚’æŒŋå…ĨしãĻ計æ¸Ŧするぎですが、åŽļåē­ã§æ¸Ŧる時ãĢは、できればåŽļ族ãĢ協力しãĻもらいäēŒäēē一įĩ„ã§čĄŒã„ãžã—ã‚‡ã†ã€‚

12

そぎ垌ぎ寞åŋœæŦĄįŦŦでįŒĢぎ厚態はæ‚ĒいãģうãĢã‚‚č‰¯ã„ãģうãĢも大きくåŊąéŸŋするぎで、ぞずはäģĨ下をčĒ­ã‚“で、すぐãĢできる寞å‡Ļæŗ•ã‚’取ãŖãĻあげぞしょう。 そぎ子は小åˆģãŋãĢ震えãĻいぞした。

初めãĻぎペットで、おうしãĻあげるぎが一į•Ēいいか判断つかãĒくãĻ不厉でいãŖãąã„ã§ã™ã€‚ äē›į´°ãĒã“ã¨ã§ã‚‚åŠŠč¨€ã„ãŸã ã‘ãĒいでしょうか ã‚ˆã‚ã—ããŠéĄ˜ã„č‡´ã—ãžã™ã€‚ äēˆã‚ã”äē†æ‰ŋぎ上、į¯€åēĻある書きčžŧãŋã‚’ãŠéĄ˜ã„č‡´ã—ãžã™ã€‚

18

éŖŸæŦ˛ã‚„元気がį„Ąãæ™ŽæŽĩと違う様子がčĻ‹ã‚‰ã‚ŒãŸã‚‰ã€æ—Šæ€ĨãĢ動į‰Šį—…é™ĸを受č¨ēしぞしょう。 æ€Ĩæ€§č…¸į‚Žã‚’čĩˇã“しéŖŸæŦ˛ä¸æŒ¯ãĢãĒãŖãĻæŋ€ã—ã„č„ąæ°´į—‡įŠļãĢãĒりぞす。