Sdgs 17 の 目標。 持続可能な開発目標・SDGsとは?17の国際目標やターゲットなどを解説

なので、SDGsは日本語で「 持続可能な開発目標」と言われています。 株式会社ケイ・ウノ• また先進国と開発途上国との経済格差を生む原因にもなります。

10

MDGsは2000年に始まり、世界の多くの人々に開発途上国が抱える課題を伝え、その目を向けさせることができました。 開発のためのグローバルなパートナーシップの推進 MDGsは開発途上国に焦点をあてた目標であることがわかります。 1 2030年までに、全ての人々の、適切、安全かつ安価な住宅及び基本的サービスへのアクセスを確保し、スラムを改善する。

2

2018年3月から本社を含む2拠点の社員食堂でMSC及びASC認証を取得した持続可能な水産物(サステナブル・シーフード)をWWFジャパンやサプライヤー企業の協力を得て導入しています。 「パートナーシップで目標を達成しよう」について紹介しました。

8

そんな日本語初めて聞きました、という感じです。 「各国内及び各国間の不平等を是正する」ことを目的としており、9項目のターゲットの下、先進国も途上国も対策を講じています。

17

3 2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる。 SDGs(エスディージーズ)は、あくまで国がイニシアチブをとって行うものとしており、各国が状況や優先課題を鑑み、政策やロードマップに落とし込んでいくことが重要です。 これらを踏まえた上で、SDGsでは開発途上国だけでなく、先進国も対象として、世界全体で自国や世界の問題・課題に取り組み、 2030年までに貧困を終わらせ、問題を解決していくというコンセプトのもと、 MDGsから引き継がれた世界的な目標とターゲットとなったのです。

18

10 ドーハ・ラウンド DDA 交渉の結果を含めた WTOの下での普遍的でルールに基づいた、差別的でない、公平な多角的貿易体制を促進する。 7 2030年までに、漁業、水産養殖及び観光の持続可能な管理などを通じ、小島嶼開発途上国及び後発開発途上国の海洋資源の持続的な利用による経済的便益を増大させる。

11

SDGsの関連記事. 9.産業と技術革新の基盤をつくろう 強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図る ターゲット 9. その要因はインフラや産業、イノベーションです。 技術 17. 教育やその他の基本的なサービスへのアクセスの不足や、社会的な差別、排除、意思決定からの除外など、 多様な形態における「貧困」が対象となっており、これを終わらせることを目標としています。 2 2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。

10

目標15【陸上資源】 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。 1.貧困をなくそう あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ ターゲット 1. つまり、もし自身の団体や組織で使いたい場合は、公認のファシリテーターを依頼する必要があります。

7

2025年までに児童兵士の募集と使用を含むあらゆる形態の児童労働を撲滅する。