リーガ エスパニョーラ。 リーガ・エスパニョーラ2020

1949-50シーズンと1950-51シーズンには監督に率いられたアトレティコが2連覇した。

2

そしてベンチを含めた各試合で登録できる人数は18名(1999-2000シーズンより移行)。

11

準優勝(注 : UEFAカップに統合) 7回• それでも順位が決定しない場合は、順位決定戦を行う。 メール便は投函を持って配達終了。

12

このため、の監督は、2回のリーグ優勝を果たしたにもかかわらずその試合内容があまりにもつまらないとされ、サポーターから激しい批判を浴び、2度解任されるという事態が起こった。 なお、独裁政権は世界中から批判され、スペインサッカー界も長い間孤立を余儀なくされた。 1960-61シーズンから1964-65シーズンまで5連覇を達成し、その他にも2回の3連覇(1966-67シーズンから1968-69シーズン、1977-78シーズンから1979-80シーズン)を果たした。

15

2019年頃には、や、など元スペイン代表がのクラブに所属。 20位 へ昇格• Entertainment and Sports Programming Network ESPN. 前述のように各クラブと地域が密着していることにも起因して、、、、、などを筆頭にと呼ばれる下部組織のユースチームが非常に発達しており、ここから数多くの名選手が輩出されている。 (3部リーグ)• 翌シーズンにはレアル・マドリードが優勝した。

13

監督・本拠地などは現時点でのもの。 2016年12月18日閲覧。

参加クラブは10クラブであり、の優勝経験があった、、、、アレナス・クルブ、はすべて選出された。 2001-02シーズンは決勝で(ドイツ)と対戦し、グラスゴーのでが決勝点を決めた。 移籍期間 [ ] 基本は夏の移籍市場が7月1日〜8月31日までと、冬の移籍市場が1月1日〜1月31日までの2回。

4

翌シーズンにはレアル・マドリードが優勝した。 1929-1930 ギジェルモ・ゴロスティサ 20 スペイン アスレティック・ビルバオ• 2000年代前半から中盤にかけてのレアル・マドリードはと呼ばれ、、ジダン、、などのスター選手が在籍した。 1961-1962 フアン・セミナリオ 25 ペルー レアル・サラゴサ• セビージャは短期間だが黄金期を迎え、1939-40シーズンと1941-42シーズンに2位となったほか、1945-46シーズンには初優勝を飾った。

11