フリー デル クラフツ アシル 化。 フリーデルクラフツ反応 と芳香族求電子置換反応 / Friedel

実験前に蒸留してから使用しましたか?。 ),ここではJahn-Teller効果の一例である「正方晶ひずみ」のお話をします. 正方晶ひずみをチョー簡単に言ってしまえば, 「Cu錯体がなぜ正方形配位型なのか」 を説明したものなのです. じゃあ,なんでそうなるのっ?(古っ!)って思いますよね.そこで,結晶場理論をもとにこれを説明します. そもそも,d錯体って,八面体配位であるか,四面体配位ですよね(ただ,四面体配位は例が少ないので省略します).例えば,Fe錯体なんかはたいてい八面体配位(配位子が6個)って教わりましたね.しかし,Cu錯体やPt錯体などはなぜか正方形の配位をとります.本来であれば,八面体配位をとったほうがよさそうな感じがしますよね.だって,FeとCuって電子が3つしか違わないから. ここで,Jahn-Teller効果にもとづく正方晶ひずみという効果が生じてきます.これって何かというと,z軸方向の配位距離(金属と配位子との距離)が伸び,xy方向の配位距離が縮まるのです.つまり,八面体を横からグシャッとつぶして縦にビヨーンと引っ張った感じになります. このような傾向は,d軌道の電子が多いほど起こりやすくなります. こうやって,もしもz軸方向の配位距離が無限に伸びてしまったら?そう,z軸方向の配位子はどっかに飛んでいってしまい,結果として正方形状に並んだ4つの配位子だけが残ります. つまり,「Cu錯体が正方形配位であるのは,八面体がひずんでz軸方向の配位子がなくなったからである」といえましょう. しかし,「なんでd軌道の電子が増えるとz軸方向に伸びるの?」と思われますよね.これは電子軌道理論で説明できます. 八面体のときは,d軌道は3:2に分裂してますよね.低エネルギーで縮退している3軌道はdxy,dyz,dzxで,高エネルギーのそれはd xx-yy ,dzzです.さて,d軌道の電子が増えると,実は二重および三重に縮退していた軌道が分裂して,2:1:1:1とこま切れになってしまいます.具体的には,z因子を含む軌道(dyz,dzx,dzz)の3つのエネルギーが低下します.(なんでそうなるのかについてはムズカシイので省略させてください) う~ん,なにやらムズカシイお話になってしまいましたね. でも,「d軌道の縮退が変化する=配位の形も変化する」ということはなんとなく予想できますよね.これを理論的に説明したのがJahn-Teller効果です. こんな稚拙な説明でわかっていただけたでしょうか. もし,「この文章のここがよくわからない」などがありましたら,補足をお願いいたします.また,これ以上の内容についてはShriver(シュライバー)著『無機化学』p.354あたりに書いてあるので,そちらをご覧ください. Jahn-Teller効果ですか.むずかしいですよね~.ということで,「わかりやすく,イメージをつかむ」というのをモットーに(! 例えば1-ブロモプロパンとベンゼンでフリーデル・クラフツ アルキル化を行うとプロピルベンゼンよりもが多く生成する。

11

000 claims description 2• C07— ORGANIC CHEMISTRY• このことは、ルイス 酸がケトン生成物と強力に結合し、錯体を形成することにより生じる。 そのためベンゼン環にアルキル鎖が結合すると、芳香環の電子密度は高まります。

19

また、反応する求電子試薬がアシルカチオンとなり共鳴安定化される場合が多く、いったん生成されるとアルキル化のような転位を起こすことがないのが特徴である。 これは塩化アルミニウム触媒のもとアシルカチオンが生成したときに酸素原子のとアルミニウム原子が相互作用して錯体を形成し、酸素原子上にとどまるために触媒の活性が落ちてしまうためである。

すなわち、反応速度が芳香環への求電子剤の攻撃段階で決まるのなら、環上に存在する電子供与性の置換基は反応を加速し、反対に電子求引性の置換基は反応を遅くするはずです。 000 description 1• 239000011966 iron III chloride Substances 0. 求電子剤が生成する反応機構はハロゲン化と同じです。

14

000 description 1• 解決策としてはアシル化の後、アシル基を等でアルキル基にすればよい。 例として塩化ホルミルの場合は不安定で単離が難しく、そのためフリーデル・クラフツ反応を介したの合成は、塩化ホルミルができた位置ですぐにフリーデル・クラフツ アシル化反応を行う必要がある。

3

Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed. 関連書籍 外部リンク• 1997-10-13 Filing date 1998-10-12 Publication date 2001-10-23 1997-10-13 Priority to EP97308107. しかし、ベンゼン環上にあらかじめ置換基が存在するときは、置換基に応じて、反応条件をゆるやかにしたり、あるいは過酷に調節したりしなければなりません。 結構長くなってしまいましたが、これは基本の基本でしかないので、機器分析の本などを読んで詳しく勉強した方がいいと思います。 互いにカップリングしている水素同士の結合定数は同じ値になります。

13