セレコキシブ 副作用。 セレコキシブ:セレコックス

そのため、痛みや炎症は抑えますが、胃粘膜が荒れ、腎機能低下がおこりやすく、ナトリウムや水分が体外に出にくくなります。 解熱作用もありますが適応はありません。 1日2回投与で効果が持続。

19

(適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 適用上の注意 薬剤交付時 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。

7

2).消化性潰瘍、消化管出血、消化管穿孔:消化性潰瘍、消化管出血、消化管穿孔の発現が報告されているので、吐血、下血(メレナ)等の症状が認められた場合は投与を中止し、適切な処置を行う。 また、副作用を起こしやすい高齢者の方にもご注意ください。

6

つまり 痛みはブラジキニン等の発痛物質だけでなく、PGの作用が加わることで発生すると認識して下さい。 9).間質性肺炎(頻度不明):間質性肺炎が現れることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音異常(捻髪音)等が認められた場合には、速やかに胸部X線、速やかに胸部CT、速やかに血清マーカー等の検査を実施し、間質性肺炎が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 胃粘膜障害が少ないとはいえ、 消化性潰瘍の方、重篤な腎機能障害のある方は従来のNSAIDs同様禁忌となります。

18

1.痛み止めセレコックスとはどんなお薬? セレコックス 一般名:セレコキシブ は2007年6月にアステラス製薬とファイザーから発売されました。 セレコックスの効能効果 間接リウマチ・変形性関節症・腰痛症・肩関節周囲炎・肩関節周囲炎・頸肩腕症候群・腱、腱鞘炎 手術後、外傷後並びに抜歯後の消炎や疼痛 添付文書より抜粋 1-2. ・ACE阻害剤 ・エナラプリルマレイン酸塩 ・イミダプリル塩酸塩 ・テモカプリル塩酸塩等 ・アンジオテンシンII受容体拮抗剤 カンデサルタンシレキセチル ・バルサルタン ・ロサルタンカリウム等 ・フロセミド ・チアジド系利尿剤 ・トリクロルメチアジド ・ヒドロクロロチアジド等 ・アスピリン ・リチウム ・フルコナゾール ・フルバスタチン ・クマリン系抗凝血剤 ・ワルファリン ・パロキセチン ・デキストロメトルファン ・制酸剤、アルミニウム製剤、マグネシウム製剤等. 本剤と、フロセミド又はチアジド系利尿剤との相互作用は明らかではないが、併用する場合は相互作用の起こる可能性を考慮すること。 高齢者への投与 高齢者では患者の状態を観察しながら、慎重に投与すること。

7

国内で患者を対象に実施した臨床試験ではCOX-2に対して選択性の高い本剤と選択性の低い非ステロイド性消炎・鎮痛剤による消化管の副作用発現率に差は認められなかった。 1日の使用回数はボルタレンは一般的に1日3回のケースが多いのに対し、セレコックスは1日2回の使用となり、飲み忘れのリスクも少ないという特徴があります。

12

薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 抗血小板療法を行っている患者については、本剤投与に伴い、その治療を中止してはならない。 また、他の非ステロイド性消炎・鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。

6