血小板 減少 治療 食事。 血小板が少ない時の食事の治療方法

【ピロリ菌との関係】 ピロリ菌は、胃癌や胃潰瘍との関連があるとして知られていますが、ITPとも深く関わっており、ピロリ菌の除菌によって、血小板数が増加する方がいます。

12

1.血小板減少について がんの治療やがん自体の影響によって、骨髄にある造血幹細胞(血液細胞のもととなる細胞)がダメージを受けると、骨髄抑制(血液細胞をつくる機能が低下すること)が起こり、血小板の数が減少します。

11

それが今の医療で考えられる治療の中で最も適切とされている事で かなり良い効果を望めると大きな期待が込められています。 本疾患の関連資料・リンク 「成人特発性血小板減少性紫斑病治療の参照ガイド2019年版」 「妊婦合併特発性血小板減少紫斑病診療の参照ガイド」. 主治医と相談し、社会生活への影響を最小限に抑えながら、上手に付き合っていきましょう。 <図3>を見てください。

14

血小板の正常値は10-20 万/マイクロ・ミリリットルであり、通常、10 万以下になると血小板減少と言われますが、治療を必要とするかどうかは減少の程度とその原因により異なって来ます。

過度に低下しえいる場合にはもちろん医師により原因究明の検査をし治療が必要となりますが 正常値より少し低い場合にはすぐに病気だと考えるのではなく 生活習慣を見直し、増加させるように心がけていくことで増加させることも可能であるといわれています。

18

脾摘が無効の時、ステロイド抵抗性で脾摘が医学上困難である場合にはトロンボポエチン受容体作動薬の適応となる。 。

2