盾 の 勇者 の 成り上がり 25 話 感想。 「盾の勇者の成り上がり」25話(最終回)感想!セーアエット新領主誕生!

かつてフォーブレイで強い魔物を創造して戦力として認めさせる研究をしていたが、タクトがライバルだった錬金術師の肩を持ち、また研究内容でぶつかっていたため追放される。

3

尚文たちと出会った当初は、Lvは低かったものの技術を磨いていたためかそれなりに強い魔法を使っていた。

2

尚文とは異なり異能力のある日本から召喚された。 裏切られ女性を豚としか認識できなくなった元康からの呼称は「赤豚」。 文字通り、命を賭して。

6

その後は呪いの後遺症を患った樹の世話係になる。 みーくんという魔物を大切にしており、いつか出られるようにして、最高の魔物にしたいという夢がある。

19

20歳の大学生。 仲間に裏切られ落ち込んでいる元康を気まぐれに慰めたせいで、壊れた元康から「フィーロたん」と呼ばれてストーカーのごとく追い回されたことでさらに嫌うようになる。

3

現在では一皮むけたようで人間的にも成長して強くなっている。

3

どん底にいる主人公が這い上がっていく下剋上物語は、一旦見始めると止まらないこと間違いなし。 その中には王都で世話になった薬師や魔法屋の姿も。 「」を参照 シゼル=メルロマルク メルロマルクの第一王子。

15

いくら勇者とは言え、人身売買で自分の剣代わりを買うとか・・・。 16歳の高校生。

4

尚文やリーシアたちに助け出された後、マルドたち元仲間やマイン(後述)に唆されてゼルトブルのコロシアムでパーフェクト=ハイド=ジャスティスというリングネームで賞金稼ぎをしていたが、稼いだ賞金は豪遊に使われ借金を置いて逃げられる。 お酒が好きで陽気な掴み所がない性格。 自らの過去に決別すべくラフタリアは剣を振るった! 鞭に打たれながら前へ進むラフタリアの強い意志に涙せずにはいられませんでした。