エンド コンテンツ。 【FF14】予習の是非を問う~極はもうエンドコンテンツではない【5.0】

」と記されていた。

5

あ、この先で手に入れられるわけですね…。 「ゲームの内容の最後」という意味に思えるので、物語のクライマックスや、ゲームの最後のボスを倒すなどをイメージする方がいますが、これは違いますので注意しましょう。

8

囲碁や将棋は果てしなくプレイを極めていけるシステムを実現しているが、なかなかそこまでの完成度は実現できない。 パッと見、似たような言葉を使用していますが、それぞれ真逆の意味となっている点が興味深いですね。 攻略手帳• まさに最果ての地と言えるのが、ゲームのエンドコンテンツさ。

13

実際にドラゴンクエストXをした方からすれば、レベル90というのがどれほどすごいことかお分かりになるでしょう。 8人レイド:「」ノーマルシリーズ• 実質蘇生ができないという縛りがありながらも、ギミック難度は24人レイドと同等であった。 仕掛けのあるダンジョンを踏破しながら、中ボスオーガや大ボスバトラールに挑み、宝箱からRare を獲得することが最大の目標となった。

1

こちらも「マテリア禁断をしないといけない」という決まりはないものの、恩恵が大きいため、するに越したことはない。 ぶっちゃけエンドコンテンツと呼ばれるものはストーリー進行には必須のものでもないですし、強い装備が手に入るものでもありません。

10

— でご dego98 途中で手に入る武器が「倒すたびに攻撃力があがる」という鬼オプションがついていたので活用。

16