日本 アカデミー 賞 受賞 歴。 菅田将暉さん出演の映画・ドラマ・受賞歴と気になる年齢・出身地など【俳優名鑑】

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(エリック・ロス、ロビン・スウィコード)• ヴェラ・ドレイク(マイク・リー) 脚色賞 サイドウェイ (アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー)• 武田鉄矢 (刑事物語) (えきすとら)• 人生スイッチ(アルゼンチン)• 「 シックス・センス」 監督賞 サム・メンデス (アメリカン・ビューティー)• 選ばれた俳優にとってはこれほど名誉なことはないでしょう。 スカーレット・ヨハンソン 「マリッジ・ストーリー」• 正賞の優秀賞と新人俳優賞は、投票(協会員全員)により選ばれ、そのうち正賞については優秀賞受賞の中より最優秀賞が投票(協会員全員)により選ばれる(新人俳優賞は男女各2 - 5名を選び最優秀賞は選ばない)。 ビオラ・デイビス(ヘルプ~心がつなぐストーリー~)• より、正式に外国語映画賞が設置され、以後毎年行われている。

12

( 2015年11月) 日本アカデミー賞は、映画業界自身が選出する映画賞としての特別の意義を持つと同時に 、スタッフ部門賞を設けている映画賞としての希少性も有している。 アレクサンダー・ペイン(ファミリー・ツリー)• カールじいさんの空飛ぶ家(ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター、トム・マッカーシー) 脚色賞 プレシャス (ジェフリー・フレッチャー)• アラン・アルダ(アビエイター)• てっきりの求人と思い込み「高給保障」や「実労時間僅か」などの条件にも惹かれた大悟は面接へと向かう。

第41回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞(2018年)• 以上」の一言で檀上を降りた。 イエスタデイ(南アフリカ) 部門 受賞者(作品) ノミネート 作品賞 「」• 「 ラブレス」(ロシア)• オーバー・ザ・ブルー・スカイ(ベルギー)• 「 ベルヴィル・ランデブー」 外国語映画賞 みなさん、さようなら (カナダ)• トム・クルーズ(マグノリア)• 橋爪功 (お日柄もよくご愁傷さま) 1996 三國連太郎 (三たびの海峡)• ヴァイオラ・デイヴィス(ダウト -あるカトリック学校で-) 脚本賞 ミルク (ダスティン・ランス・ブラック)• やはり日本アカデミー賞というのはかなり影響力がある賞なんだなというのがわかります。 』 『』が史上最多の13冠を獲得。

4

パンズ・ラビリンス(ギレルモ・デル・トロ)• 貰えると思っていなかったけど、来なかったら騒がれるし、それがイヤで来たわけよ」などと、賞に対するリスペクト0の発言をし、また反発を買った。 マイケル・クラーク・ダンカン(グリーンマイル)• 以上」の一言で檀上を降りた。 トム・ハンクス(キャスト・アウェイ)• ナオミ・ワッツ(インポッシブル)• リー・ダニエルズ(プレシャス)• ベネット・ミラー(フォックスキャッチャー)• 「 トラフィック」 監督賞 スティーブン・ソダーバーグ (トラフィック)• 議論はを参照してください。

18

インサイダー(マイケル・マン、エリック・ロス)• 「 ザ・スクエア 思いやりの聖域」(スウェーデン、ドイツ、フランス、デンマーク)• 「 パリ猫ディノの夜」• ブラッド・ピット(ベンジャミン・バトン 数奇な人生)• リドリー・スコット(グラディエーター) 主演男優賞 ラッセル・クロウ (グラディエーター)• かつての巨匠、例えばにしてもにしてもみんなそういう精神でスタッフ、役者を育ててきた。 どちらにせよ新人俳優賞を受賞したらドラマや映画に引っ張りだこになりますね。 監督賞• エデンより彼方に(トッド・ヘインズ)• 歌手と俳優の両方やっている人の名前もありますね。

1

は、映画事情 、諸物価の高騰などの理由で 、1977年限りで中止が決まったもので 、日本アカデミー賞の創設とは関係がない。 ジェシカ・チャスティン(ゼロ・ダーク・サーティ)• ザ・ファイター(スコット・シルバー、ポール・タマシー、エリック・ジョンソン)• 「 アメリカン・ハッスル」• ビューティー・ディレクター:• 「やるなら、全く別の作品としてやってほしい」との青木の意向を受け、『おくりびと』というタイトルで、『納棺夫日記』とは全く別の作品として映画化。 撮影賞• 日本アカデミー賞新人俳優賞に選ばれる人はすでにドラマなどで活躍している人もいます。

17

「 オデッセイ」• まとめ 日本アカデミー賞新人俳優賞の歴代受賞者一覧でした。 2015年1月18日閲覧。 ダウト -あるカトリック学校で-(ジョン・パトリック・シャンリィ) アニメ映画賞(長編) 「 ウォーリー」• 「 ローガン」 (ジェームズ・マンゴールド、スコット・フランク、マイケル・グリーン)• 富士写真フイルム(科学技術賞・)• フランシス・マクドーマン(スタンドアップ)• 「 RBG 最強の85才」 (公開:2019年5月10日)• 「 her/世界でひとつの彼女」• 歌手の人も結構いますよね。

11

ナイロビの蜂(ジェフリー・ケイン)• ケイト・ブランシェット(あるスキャンダルの覚え書き)• 「 幸せなひとりぼっち」(スウェーデン)• 野村正昭「ざ・インタビュー 30 山城新伍」『キネマ旬報』1983年12月下旬号、キネマ旬報社、 123頁。 日本アカデミー賞新人俳優賞にはもちろん俳優さんの名前がズラッと並んでいます。

7

アメリカン・ハッスル(マイケル・ウィルキンソン)• 黒澤監督はでも取り、世界的な名誉も与えられているんだから、日本でも同じように受けてもいいと思う。