天 を 仰ぐ。 「協力を仰ぐ」とは?意味や使い方をご紹介

ヴィーゼルはユダヤ人だったが、クリスチャンのような信仰を持っている。

15

「いったい、神はどこにおられるのだ」 今ここにおられる神 この問いかけに対する答えとして、ヴィーゼルは小説をこう続けている 「そうして、私は、私の心の中で、ある声がその男にこう答えているのを感じた。

2

昨年12月に同社の接待を受けた同省の秋本芳徳・情報流通行政局長は、今月10日の衆院予算委で「(同社の)事業について話題に上った記憶はない」と答弁していた。 (大田将之) 【記事特集リンク】. 神の国であるイスラエルの中で、エリヤは一人、アンチ神の国陣営の前で、崖っぷちに立たされていたのである。 しかし天を仰ぐという言葉はネガティブな意味で使われることがほとんどです。

13

「指示を仰ぐ(しじをあおぐ)」など、上司からの指示を待ったり指示をして欲しいとお願いする意味で使います。

15

こんな地獄には、神なんて存在するわけがない。 「神はどこにおられるのだ」 「神は今ここにおられる」. 秋本氏は、放送事業会社の子会社で役員を務める長男は「利害関係者」との認識も示した。 ある時、収容所内にある発電所が破壊される事件が起こり、その犯人として三人のユダヤ人が見せしめのために公開処刑されることになった。

19

次に手をつけた方がよい案件について、上司に指示を仰いだ。 多くの日本人はご利益主義的な宗教観を持っているが、そこにあるのは、「神が自分のことを幸せにしてくれる」という価値観である。

18