拝啓 敬具。 【結びの言葉】「拝啓」と「敬具」の意味と正しい使い方と手紙のマナーについて

相手を敬った表現で、「これからお話しをさせて頂きます」という意味があります。 「謹んで申し上げます」や「敬って申し上げます」という意味で使う「拝啓・敬具」は、社内に向けた文書には向きません。 すなわち、拝啓と敬具を使ってはいけない関係や目的があります。

12

毎週水曜日の夜にひらかれていたH賞詩人の現代詩教室に10年ほど通い、現代詩手帖やユリイカなどへの寄稿経験を持つ。 文章の最後に「Sincerely, 」と書き、あの後に自分の名前を書きます。 メール ビジネスメールの項目でもご紹介したとおり、ビジネスメールでは「拝啓・敬具」を用いた挨拶文は原則使用しません。

20

訓読みで「うやうやしくととのえる」となります。

18

相手に負担をかけずに要件を明確に伝えることが、ビジネスメールのマナーです。 ただし、年に一度の挨拶や正式な挨拶メールであれば、使用しても構いません。

14

また、 「前略」と書いた後に時候の挨拶などを書くことは避けましょう。

前略と草々について 一方で「前略」「草々」は、時候のあいさつや感謝の言葉を書くことが面倒であるため、普段使いの手紙やはがきの書き方として一般化したのが、「前略-草々」です。 「後付」 「後付」は、手紙そのものが「いつ、誰が、誰に」送られたのかという情報のことです。

17

もちろん、英語ではどのように表現するかも紹介します。 「拝啓」の頭語から始めるフォーマルな手紙は、挨拶の手順を踏んでから本文に入ります。

9

「記」と書いた後に、伝えたいことを箇条書きにします。

8