性器ヘルペス 市販薬。 ~性器ヘルペスの治療は、最初が肝心・再発はコントロールできる~

外用薬は1日数回、患部に塗布する。

8

薬は、軟膏・クリームタイプの塗り薬と、顆粒・錠剤タイプの飲み薬にわかれます。 よって、病院での治療が基本であり、ドラッグストアなどで市販薬は販売されていません。

17

発症してから塗り始めるまでの期間は、短ければ短いほど効果が期待できます。 他人にうつしてしまう危険もあります。 患部を悪化させないよう働きかけるだけで、塗って発症を予防するほどの力はありません。

14

むず痒いような、落ち着かない感じがあるという方も非常に多いです。 口唇ヘルペスの市販薬はすべて【第1類医薬品】ですので、薬剤師の対面販売で購入することができます。 感染初期は 無症状・無自覚な場合もあり、また、 感染者の割合としては女性の方が多いようですので、特に女性の皆さんは感染に気を付けましょう。

7

再発を繰り返す人はその都度病院を受診するのは難しいでしょうから、市販薬に頼ってもかまわないでしょう。 発症してしまった場合でも、市販の抗ウィルス軟膏を塗ることによって患部の拡大や症状の悪化を防ぐことができます。 は、ヘルペスの治療のほか、帯状疱疹や水痘などの治療にも用いられます。

10

もし発症してすぐに塗布しても、炎症をこじらせない効果ぐらいしかありません。

6