キングダム 637話 画バレ。 最新ネタバレ『キングダム』636

原泰久『キングダム』636話より引用 なぜなら、敵は邯鄲 かんたん の守護者、扈輒 こちょう 将軍だから。 壊滅した水軍 介億が敗れ去った黄河の秦国軍を見た。 平地を震える足で進む後続軍の姿がありました。

8

完全撤退で騰はほぼ無傷で列尾を突破出来た。 扈輒はこれでも問題ないと言う。 山が多く、本来突破不可能に見えるが、兵力が減っている今なら可能か。

王賁は相変わらず無表情で「うるさい、ふつうだ」と返事するのみ。 後続軍は飲まず食わずの状態で鄴を目指していました。

6

貯えを探しましたが、予想以上に食糧は残っていませんでした。 怒りながらも「任せておけ」とノリノリでした。 溶かしたロウソクをバミュウの頭上に流していきます。

20

, , , , , , , ,. 意気揚々と部下に呼びかけます。 キングダム664話ネタバレ「龐煖か幽連」 静養中の羌瘣は邪悪な気配を感じてベッドから飛び起きました。 秦軍を鄴に閉じ込めて、あとは逃げないように包囲して餓死させれば問題ありません。

1

軍を運ばせているが、夜で無警戒だった場所への軍の移動。 ところが、到着して配られた物といえば、一口分の食べ物と水だけ。

げっそりした渕が、信へ状況を説明。

14

ただ一つだけ、多くの犠牲を伴う奇策が残されていたのです。

11