メイド イン アビス 54。 メイドインアビス色々明らかになった今ファプタについて考えてみる

入隊以前は身寄りの無い自分を保護した男(その男も「ジュロイモー」という名前だったらしい)に慰み物として飼われるような日々を過ごしていた。 そしてそのおりに、ライザのものと思われる封書を見つけ「奈落の底で待つ」という言葉を目にするのです。 10年ぶりに発見された母の笛と伝言をきっかけに、アビスの底を目指すことを決意する。

9

探窟家 アビスに潜る達の。 そんな彼の目的が、リコという、ハクともいえるほど大事な存在を深界に連れ戻すことだったのだとしたら、初めて出会った彼が彼女を助けたことにも納得がいきます。 ナナチは多くのぬいぐるみを作ったり絵本を読み聞かせたりして彼女との意思疎通の可能性も探っていたが果たせず、自分が先立った時に一人残される彼女を案じて何度か調合した毒薬などをナナチに盛られたが死ぬことはできずそのことがナナチの苦悩の種になっていた。

7

自分と違い層をまたぎ旅を続けるレグに造り主の情報収集を託した。 海外マガジン• 彼女の言葉には謎が多いので、今後に伏線になりそうなものをいくつかご紹介します。 ハローアビス13話 レグの台詞より• 向き合う時だ 覚悟を示せ 起きて早々にそんな事言われちゃったレグさんのお顔がこちらです。

おいのり骸骨が同じエリアで出てくるということは、この人たちの願いなのかな…。 母と同じ白笛を目指しており、アビスの底に思いを馳せている。 その後別の卵を自らに使用し、イルミューイを自分達の望む故郷として変容させ、現在の成れ果て村の基礎を作り上げた。

「黎明卿」「新しきボンドルド」の異名を持つ。

16

物語開始時点では、「不動卿」動かざるオーゼン 、「黎明卿」新しきボンドルド 、「神秘卿」神秘のスラージョ 、「先導卿」選ばれしワクナ及びラストダイブ中(5話以降は笛がアビスから帰ったため公的には死亡扱い)の「殲滅卿」殲滅のライザの五人が現職の白笛として判明している。 アニメーションプロデューサー - 小笠原宗紀• また、ライザの好きだったトコシエコウの群生地もこの階層に存在している。 果たして真相はどんなものなのでしょうか。

20

ナット 声 - 孤児院のメンバー。 一人称は「私」。 たまらず泣き出すナナチに声を掛けたのは、同じく消えていく住民たち。

直径は約1000m、その深さは未だに謎に包まれています。 昔は探窟家だったが、膝を痛めた(そのため現在は杖を使用している)ため引退したらしい。

11