エクセル プルダウン 追加。 Excel(エクセル)のプルダウンの作成方法|連動や解除、追加方法も解説

でご紹介しています。 今回はその特徴を活かしてドロップダウンリストの設定に応用したわけですが、じゃぁ何で更に名前の定義も使ったのか?、テーブルを使い慣れた方などはも名前みたいなものなんだから、それを使えばいいんじゃない?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。 エクセルのプルダウンリストの編集方法 一度作成したプルダウンリストの項目を増やしたり、削除したくなるケースはよくあります。

書式は「COUNTA 値1, [値2], … 」のように使用します。 「空白を無視する」にチェックが入っているのを確認します。 ラジオボタンを表示させたいセルをクリックすると、ラジオボタンが表示されます。

4

以上で連動するプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)が作成できました。 さてここで、次の設定に入る前に、「Sheet2」のA1からD9番地のテーブルに設定してあるを確認してみます。

14

ここでは、このリストに[持参]を追加するとします。

6

しかし、 リストに新しい項目を追加したり、データを編集したりするには、どのように操作すればいいか、分かりますか? 【 エクセル時短】第117回では、前任者からExcelファイルを引き継いだときに発生しがちな、既存のドロップダウンリストの項目を追加・編集する方法を2つ紹介します。 設定をクリック• 同様にセルB3でも確認します。 データをクリック• それが、「入力ルールが統一できる」ということです。

11

チェックボックスの隣には、仮のテキストが挿入されています。 ドロップダウンリストの元データとしたいセルの名前をクリックで選択し、[OK]ボタンをクリックすると、 [元の値]欄に選択した名前を設定することができたので、更に[OK]ボタンをクリックします。 また、データの整理が楽になるので、 仕事が楽に効率よく進められるようにもなります。

2

これは前の方の章で見ていただいたとおり、 テーブルに元となるデータを追加しただけで、特に何もしなくともドロップダウンリストの選択項目が増えます! せっかくなので、自動的に増えた選択項目「賀山 琴子」をクリックで選択しておきます。