ユース テノ プ テロン。 生命の扉

体型はやや長い紡錘形。 イクチオステガは、なぜ住み慣れた水の中から厳しい陸に向かったのでしょうか?イクチオステガは陸という未知の世界に憧れていたのでしょうか?イクチオステガの上陸は、未知の世界に挑戦する生命の不思議な力を教えてくれました。

ユーステノプテロンが陸上動物の直接的な祖先になった背景とは ケイロレピスの作った4枚のヒレは、今の魚達に受け継がれました。 しかしこのヒレは、水草の茂った場所で手足のように使われていたと思います。

8

重力の克服、イクチオステガの骨格にどのような秘密が隠されていたのか? イクチオステガの後足の骨は、350キロの重さに耐えることのできる頑丈なものでした。 イクチオステガは、肋骨という新しい仕組みを作ることによって、初めて重力に打ち勝ち、陸でも自由に生活できる体を、遂に作り上げたのです。

14

塩分濃度の違いを克服した魚達は、河という新しい環境の中で様々な可能性を試していったのです。

16

概要 『』第1巻97話で突如登場した謎の男。 ゴードン博士は、カルシウムの不足を補うために体の中に骨ができたと考えているのです。 プテラスピスは、塩分濃度の違いをどうやって乗り越えたのでしょうか?プテラスピスの体の長さは20センチあまり、頭の部分は固い甲羅に覆われ、胴体の部分は原始的なウロコで覆われていました。

この規則正しい動きは、カルシウムによって生まれているのです。

6