岩田 健太郎 医師。 【経歴】高山義浩医師がFacebookで岩田健太郎に反論

肝心の岩田健太郎医師は橋本さんには会ってないと…。

5

みなさんに応援の声を頂いて職場には(少なくとも現場レベルでは)見捨てられてなかったと感じ入りました。 名前 岩田健太郎(いわたけんたろう) 生年月日 1971年 出身地 島根県 高校 松江南高校 大学 島根医科大学医学部 職業 神戸大学教授、医師 1997年:島根医科大学 現・島根大学医学部 卒業 1997年:沖縄県立中部病院研修医 1998年:コロンビア大学セントルークス・ルーズベルト病院内科研修医 2003年:北京インターナショナルSOSクリニック家庭医 2001年:アメリカ内科専門医、ニューヨーク市ベスイスラエル・メディカルセンター感染症フェロー 2004年:亀田総合病院感染症内科部長、総合診療感染症科部長 2008年 — 現在:神戸大学大学院医学研究科教授(微生物感染症学講座感染治療学分野)、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長 岩田医師は『極論語る感染症内科』(丸善出版)、『抗菌薬の考え方・使い方』 中外医学社 共著 、『悪魔の味方 米国医療の現場から』 克誠堂出版 、『感染症外来の帰還』 医学書院 共著 など、数多くの著書を書かれています。 環境感染学会やFETPもすぐにダイヤモンドプリンセス号から撤退。

4

岩田健太郎さんの通われていた島根県立松江南高等学校は 偏差値が61あり、島根県内でも有数の進学校です。 最後までご覧いただきありがとうございました。

19

08年より神戸大学大学院医学研究科教授、同大学医学部附属病院感染症内科診療科長。

僕は、未来を考えるのが嫌いなんですよ。

19

つまりは、感染症対策の専門家として岩田健太郎さんが船内に入る事を拒む何者かが存在しており、その何者かの意思によって、感染管理の仕事ではなくDMATの仕事の手伝いをするという条件であればダイヤモンドプリンセス号の中に入っても良いという事になったように見えますが、岩田健太郎さんは「他に入る方法はない」として、この条件を受け入れ、船内へと入る事にしたそうです。 環境感染学会が入り、FETPが入ったんですけど、あっという間に出て行ってしまって中がどうなっているかよくわからないという状態でした。