そ きょう で ん あらすじ 最終 回。 2クールにわたった“癒しの家政婦ドラマ”ついに最終回!最終回は2分30秒に、全出演者が豪華共演!/ミニドラマ「きょうの猫村さん」

キラくんとニノのラブラブぶりも素敵ですが、やはり重要なのはそれぞれの弱い心がどんどん成長していき強くなっていくことなのだ、と思いました。 さらには、加々見くんと瞳の結婚式で大城くんとの会話で、そのアメリカ留学への出発がまさに今日だと知ります。 かをるは一時悲しみに暮れるが、足の不自由な弟を支えながら働き、息子たちもすくすくと育っている。

「結婚」!と。 執筆時点(2018年12月下旬)ではまだ日本でのDVDレンタル・セルが始まっていない状況ですので、ここでは中国の本放送を視聴した華流ドラマファンがネット上に発信している情報から最終回の内容をまとめていきます。 そこからキラを避けようとするニノでしたが、キラと接する機会が増え、意外な姿をみていくことで距離が縮まっていきます。

15

朝尾はあまりにも素直でやさしい花笑に対して徐々に好意を寄せているようですね。 - そして花笑は、朝尾が新たにオープンしたレストランにファーストゲストとして呼ばれます。 自分がいなくなった後のニノの事を考えるからこその行動でした。

9

一人で帰っていたハン・ソジュンの前にイ・スホが現れた。

6

花笑さん。

12

同回のあらすじも併せて公開された。 それ以上二人には会話がない。

20

なんだかこの人形が気持ち悪くてゆっくり眠れないと・・・ しかし花笑は全然そんなふうには見えないし、かわいいと言い、田之倉は少し安心しますがまだその人形になんとなく見られているような気がします。 「花笑さんの人生だよ。 そして今度はなんと朝尾の結婚の話になり、一緒に暮らしたら日々楽しくなるだろうなぁという女性にとうとう出会ったということを話します。

13

花笑は田之倉と田之倉の父親のことばをきいて、自分自身を客観的に見つめることができたんですね。 これが「好き」ってことなんだなと。 みんなの見ている前です。