シンデレラ ガール 歌詞。 【シンデレラガール】歌詞公開キンプリの「ファン」への歌だった!

「凄い偶然」とヒャダインも言っていて、名曲は時と場所を選ばないものだという事がわかります。 皆で協力してハサミや糸などを運ぶシーンや、シンデレラのために一生懸命ドレスを作る姿は感動的! 筆者も幼い頃このシーンが好きでよく繰り返し見ていたことを思い出します。 紆余曲折あり、ガラスの靴はシンデレラが履いていたものということが明るみになり、二人は晴れて結婚し、幸せに暮らしました。

13

劇中では主人公のシンデレラを演じたアイリーン・ウッズが美しく歌い上げています。

「 やがてシンデレラガール 魔法が解ける日が来たって」 「 恋の魔法には期限がある」 一般的に、アイドルのファンは女子中高生がと考えられています。

8

それが、「キミ」の心なんです。 帰らなきゃいけないって頭では分かっていても、一緒に居たい気持ちが溢れ出てきてしまう。

2

そして、「恋」ではなく、違う感情でアイドルを応援するようになる人が増えていくわけです。 歌詞に目をやると、「ボク」は「キミ」がどんな夢を見ているのか気になっていますよね。

18

かわいい。

10

ここでこの「君はシンデレラガール」という部分について2つの捉え方ができます。 舞踏会で王子とシンデレラは一緒に踊り、会話をし、恋に落ちました。

10

「ボク」(=キンプリ)は、「帰したくない」と思いつつ、階段の下から見ている王子様。 「キミ」の想い、「キミ」がどんな夢を見ているか、「次に会う約束」もしっかりしたものではなく、曖昧なもの。

13