ローリング ストーンズ。 ザ・ローリング・ストーンズ、2020年のツアー日程を告知

『』 - Virgin V2880 1998年11月2日 UK 67; US 34• この様にメンバー間の関係は複雑だったにも関わらず、ストーンズは1967年3月から4月にかけてヨーロッパツアーを行った。

10

(最初のジャケは、無地にタイトルが書いてあるだけでした) Let It Bleed : 1969 謎の死を遂げるメンバーのブライアン・ジョーンズ(リーダー)が在籍する最後のアルバム。

本作はアンドリュー・オールダムがプロデューサーとして関わった最後のアルバムであった(バンドマネージャーとしての役割は1965年にに引き継がれていた)。

10

- Rollingtimes. タイトルの意味は「欲しいものがいつも手に入るとは限らない」。

『ソリッド・ロック』 - Decca TAB 1• Holton, Kate 2008年1月17日. Retrieved 4 December 2011• 12月、バンドの共同設立者でありキーボードを担当していたが心臓発作により死去した。 また、番組に二度と彼らを出演させないと約束してくれた。

4

『』 - Rolling Stones Records CUN 39111 UK COC 16015 US 1980年6月23日 UK 1; US 1• ビルの脱退後、ロンはバンドの収益面でもストーンズの正式メンバーとなった。

16

「またアメリカに行ってもいいよ。

4