群馬 県 時短 要請。 県内の時短要請 すべて解除へ|NHK 群馬県のニュース

協力金は1店舗当たり14万円(1日2万円)で、これまでの半分に減額される。 【ストップコロナ!対策認定制度】 県が県内商工会議所及び商工会連合会と連携し、各業界団体が作成した感染症対策ガイドラインに基づいた感染症対策を実施する店舗を「ストップコロナ!対策認定店」として認定する制度です。 人口10万人あたりの新規感染者数が直近の1週間で基準の一日2人を下回っていることなどを理由としています。

7

山本知事は会見で「今の流れなら解除できる地域が出てくる。

5

伊勢崎市は昨年12月15日から、大泉町は同22日から時短要請が行われている。 注意事項 オンライン申請を開始します(申請期間:令和3年2月18日(木)午前9時~3月10日(水)) 第1弾(12月15日~12月28日)・第2弾(12月22日~12月28日)・第3弾(12月29日~1月11日)・第4弾(1月12日~1月25日)の協力金をすでにオンラインで申請された方はこちらのフォームをご利用ください。

3

伊勢崎、大泉の両市町については18日まで直近1週間の新規感染者数(10万人当たり)が県内で唯一、基準となる2人を超えており、要請延長が不可欠と判断した。

4

9市町で午後8時までに2時間前倒し 13日 県内感染者が累計3千人超に。 (森岡航平) 群馬県内の感染状況と県の対応 昨年12月15日 県東部5市(桐生、伊勢崎、太田、館林、みどり)の接待を伴う飲食店などに営業時間短縮(午後10時まで)を要請 19日 県独自の警戒度を最高レベルの「4」に引き上げ 22日 時短要請対象に大泉、邑楽両町を追加 23日 県内感染者が累計2千人超に 29日 県東部7市町への時短要請を2週間延長 1月8日 100人の感染確認。

11

なお、ホテルや旅館における宴会場は酒類を提供する飲食店として認められない(宿泊施設)ため今回の要請の対象とはなりません。 一方、ワクチンについて十分な量が県内に供給されるまでには相当な時間がかかるとしていて、山本知事は「当面はこれまでと同じやり方で感染拡大を防いでいくしかない」と話しています。

1

国の飲食店支援策「Go To イート」の新規発券停止も2月8日まで続ける。 2-4 世間一般的な飲食店ではなく、商業施設等において付随的に酒類の提供を行っている場合、酒類の提供を自粛すれば、一律に協力金の対象となるのか。

12

一方、警戒度を3に引き下げる26市町村については、飲食業界支援の「Go To イート」の発行済み食事券の利用自粛要請も解除する。 検査した利用者24人のうち、陽性の3人を除く21人の陰性はすでに確認されたという。 本県としましては、感染拡大防止のため、午後8時以降の営業を自粛していただきたいと考えております。

11