かんぽ 生命 保険 の 不正 販売 問題。 「あなたも対象? 広がる『かんぽ不正』」(くらし☆解説)

そして、日本郵政トップの3人の社長による会見の内容ですが、はっきり言ってことの 重大さが理解されていないようで、まるで「裸の王様」という感じでした。 欺く意図がなければ、これほど極端に不自然な契約は重なることはない。 同社の「普通養老保険」は死亡保険金と満期保険金が同額のもので、かつて「はあとふるプラン」(2002年6月30日に販売中止)として簡易保険の主力商品となっていた。

7

おいおい、やってることは 詐欺そのものだよ。 かんぽ生命不適切な販売で保険業務停止命令で、イメージ悪化による解約急増か? 金融庁が、かんぽ生命保険と日本郵便に対して、不適切な販売に対する行政処分としての業務停止命令をだせば、さらなるイメージの悪化は避けられず、今後の解約者が増える可能性もある。 複数の関係者によると、同社の内部規定では新しい保険を契約後、6カ月以内に旧保険を解約したケースを「乗り換え」と定義。

2

今回のケースでは保険を「売る」ことが会社の利益になるために、不正をしてでも売るという事態になってしまったのだということがわかります。 「かんぽの宿問題」等に関する日本郵政ガバナンス検証委員会 私は、郵政民営化直後の西川善文日本郵政社長時代に起きた「かんぽの宿」問題などの一連の不祥事を受けて2010年に総務省が設置した「日本郵政ガバナンス検証委員会」(以下、「検証委員会」)の委員長を務めた ()。

9

たとえば、大手の生命保険会社の人が良く言う話しですが、 保険のセールスは大変で、家に行って話しを聞いてもらうまでに、 昔と違って、今は手間ヒマがかかる。 これが三つ目です。 2、前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

2

それはもし解約する場合には注意が必要、ということです。 かんぽ生命の主力商品は、「養老保険」「終身保険」 では、かんぽ生命は、もともとどのような保険商品を扱っているのか? 以下の図表は、2017年度の新契約の商品構成である。 だが、日本郵政の長門正貢社長は24日の会見で「社内規則が順守されておらず痛恨の極みだ」と陳謝した。

11

金融庁は「十分な説明がないまま顧客に不利益な契約内容になっていれば、(同社に)説明を求めることになる」としている。 過酷なノルマがあり、それを達成できないとパワハラが待っていて、どうすることもできずにやっていたような体験談がたくさんあります。

14

今後のノルマ撤廃後の変化を注意してみていく必要がある。 与党議員は「鈴木氏は、自分たちが許認可権限を持っていたところは、言うことを聞いて当然という官僚意識が抜けない」と指摘する。 こうした三つのパターンを含め、 顧客に不利益を与えた不適切な契約が 合わせておよそ18万件となる見通しなんです。

7